【テクニカルはファンダを既定する】ファンダは既に相場に表れている。だからテクニカルこそ重要なのでは

  24, 2017 16:44
テクニカルはファンダを既定するか

あんまり偉そうなことは言いたくない、控えめトレーダー相川うららです。こんにちは。
実弾でトレードしているうちに思うようになったことを
ここにアウトプットしていきます。
250サイズうらら 

テクニカルこそ事実なのではないか。と
最近よく感じます。
ファンダの重要性を否定するわけではもちろんありません。

「市場がファンダを織り込む」という言葉があるように、
相場の値動きにファンダが盛り込まれていることはみなさんご存じですよね。

しかもFXにおいては他の商品よりも
「投資家の心理」の影響を強く受ける特性があります。
値動きこそ投資家の心理です。

あの2008年9月15日の記録的な市場大暴落、リーマンショックの時ですら、
暴落を示唆する値動きがありました。
インサイダーの売りであったのかもしれませんが
一度下に振れて回帰しているのです。

あの時、あそこまでの暴落でないにせよ
下落があり得ると適切な判断ができていれば
大損失は免れたのではと思います。
結果論ではありますが
何の前触れもない暴落ではなかった事は確かです。

リーマンショック画像 
リーマン後の細かい値動きはデータが古い為4Hでさかのぼることができなかったので
チャート画面ありませんがご容赦を^^



相場において
どちらかへトレンドを作る。という瞬間があります。

そのはざまで、指標などのファンダ的材料の投下を待って、
その結果の強弱、投資家心理によって
トレンドの方向が上下どちらかに定まるということがあります。

この材料の投下についても、
テクニカルを既定しているだけのような気がしてならないのです。
相場は静かに指標を待っていますが

テクニカルで方向性はほぼ確定していて
材料をキッカケに大きく動き出す。
そのような印象です。

それは、投資家心理、インサイダーの思惑などが
すでに相場に反映されていて
相場の方向として現れているのではないだろうかと
わたしは思うのです。

今現在の相場においては
ファンダ的要因
・アメリカの政治の先行き不透明感
・北朝鮮リスク
・アメリカ経済満腹の予兆
で、ドルの上値が重い日が続いています。
更に、今年は異例なほど注目されているというジャクソンホール会合を控え
値動きが弱い展開が続いています。

今現在、相場は下落が決定的になるか
上方へ回帰していくかのはざまの地点に居ます。

現在のドル円20170824 
【日足のドル円。長く続いたレンジをブレイクするのか。レンジの続きを構成するのか】

乖離で見てみると、
底値圏へ落ちてから、方向が定まるまでに約6日-7日を要しています。

現在レンジの底にきて約9日となりますが、日足レベルで上方乖離がはじまっています。
たしかに3日程前まではインバーテッド気味で値動きの予想ができませんでしたが
現在トライアングルに収れんをしてきています。
そろそろどちらかに値が動きます。

前回の大底割ってきていますが
レンジ開始水準までもどしていないため、
もう一段底をつける可能性はある。
日足レベルの底は大きいので大したことはないとは言いにくいですが
オシレータ上では下落も伸びにくい位置。

投資においての政治経済の情報など
いっっくらでもありますし
知識をつけることこそが賢明なる投資家への近道な気がしてきます。
どれも重要であり、どれを拾ってどうとらえることも可能なんです。

つまり、それっていらない情報なんじゃない?ってことです、
何百とある情報の中から澄み分けをしなければ。
スキャル・スイングにおいて材料は避けるまたはエントリーすべきタイミングであり
重視するべきですがマクロな方向性を判断する上で細かなファンダに意識を奪われ
トレードを乱されるわけにはいかないでしょ。

必要なことは相場に織り込まれている。
だからファンダを無視してもいいからテクニカルを無視してはいけない。
メディアですら感情の入った一般大衆なんだから。
20170825底値ロングポジ 


この考えから、ドル円が売り飛ばされる中
複数回に分けてロングを打ち込んでいます。

伸ばせるだけ伸ばしますよ。

もしここから長いレンジの続きを演じるのであれば
長期保有確定です。

正直ここまでの長期戦は初めてであり
さまざまな憶測や見解を完全に無視しようと思ったのは
ここにきてから。
さて、どうなることやら。

今のところは利益です。
長期戦を考えつつ、
下落の可能性を逃さぬようこれから注視していく構えです。

もし何を信じればいいのかわからなくなったら。
相場に迷ってしまったら、
わたしは必ず相場に聞こう。と考えを改めました。

迷ったら必ずテクニカルに帰るんです。
そう決めました。

あ、もちろん金利とか国債とかOP情報は
Checkしますけど(n*´ω`*n)てへぺろ


END
読んでくれてありがとうございます★ブログランキングに参加しています。
ぽちと応援していただけると、チカラになります..^^*

↓うららが使用している証券会社は、XMです。
勝てる投資家の間ではマストツールであるトレードシステム、メタを使用できます。


【相川うららの関連記事】
こんな記事も読まれています
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New